KAITEN

BankART Cafe Live
Dai Matsuoka×Masakazu Saito×Yoshihisa Suzuki “KAITEN”

BankART Studio NYK/NYK Hall

TEASER “KAITEN” at BankART Cafe Live

TEASER “KAITEN” at Gallery Side 2

In April 2013, Dai Matsuoka, a dancer from the world-renowned Butoh company Sankaijuku, will make a new version of his representative work “Kaiten” as part of BankART Cafe Live.

“Kaiten” is a collaborative work by Dai Matsuoka, video artist Masakazu Saito and composer Yoshihisa Suzuki.

The concept of the work is drawn from the primitive emotion of pleasure (“kai”) that people feel when they see somebody or something rolling (“kaiten”).

First performed and acclaimed at Gallery Side 2 which is presenting a new generation of talented artists, “Kaiten” will make an unprecedented and inspiring impact at BankART.

DATE: 2013 April
5th(FRI) 21:00
6th(SAT) 14:00&19:30
7th(SUN) 14:00

PRICE: 2000YEN(with 1drink)
BOOKING: Please email info@land-jp.com or cafelive@bankart1929.com
with your name, date and contact.
Booking by phone or FAX is also available.
TEL 045-663-2812 FAX 045-663-2813

DIRECTION: Dai Matsuoka, Masakazu Saito, Yoshihisa Suzuki

PERFORMANCE: Dai Matsuoka

IMAGE: Masakazu Saito
Born in 1976. Masakazu Saito produces video works that seek out the diverse potential for wielding the medium with the use of digital technology, including automated editing software.
He uses the camera as a tool to record the eye of the photographer rather than the photographed subjects; consequently his works reflect his own vision.

MUSIC: Yoshihisa Suzuki
Born in 1975. Yoshihisa Suzuki is a sound artist, drummer, and composer.
He majored in percussion instrument at Showa University of Music(1994-1998) and studied composition at Institute of Advanced Media Art and Sciences (IAMAS) (2002-2005).
His major works include “Song of far east” “Ring , Quartet (2003)” “Chromatist (2004)” “sein and ziet #2 (ISEA 2004)” “Suite for Disklavier (2008)” and “Adagio for Disklavier (2009)”.

PRODUCTION: BankART 1929
PROJECT MANAGER: Takaki Masuzawa(LAND)
STAGE MANAGER: Yoshiko Haraguchi(Moribuden)
LIGHTING: Noriyuki Mori(balance,inc.DESIGN)
MANAGEMENT: LAND, Kurumi Kido(Gallery Side2)
FLYER PHOTO: Yoshimitsu Umekawa
FLYER DESIGN: Aki Fujiwara

VENUE: BankART Studio NYK Kawamata Hall
3-9 Kaigan-dori Naka-ku Yokohama
TEL 045-663-2812
http://www.bankart1929.com/

BankART Cafe Live
松岡大×齋藤正和×鈴木悦久「快転」

「快転」が再演される。昨夏、流れ続ける水道水にひたりながら踊る松岡の肉体が記憶から消えない。都市の断片を自在に引きこむ音と映像とパフォーマンス。こんどはどんな水が入りこんでくるのだろうか。心高まる。 – 渡部眞 映画カメラマン –

商店街や日本庭園、そして海辺などで、身体を通じて様々な空間のデッサンを試みているダンサー松岡大、プロの映像手法で自身の家族をポートレートする「休日映画」がにわかに注目を集める映像作家齋藤正和、そして打楽器奏者/作曲家鈴木悦久による共同作品。

本作品では、サイトスペシフィックな作品アプローチから、身体がメディアと交わりながら喚起する潜在的な「快」を追求。

国内外の瑞々しい現代アートを紹介するGallery Side 2にて初上演された本作品が、川俣正展で大きくリニューアルされたNYK kawamataホールにて更なる進化を遂げます。

日程:2013年
4月5日(金)21:00 レイトショー!
4月6日(土)14:00&19:30
4月7日(日)14:00

料金:2000円(1ドリンクつき)
予約:info@land-jp.com または cafelive@bankart1929.com
ご予約はメールにてご来場日、氏名、連絡先を明記の上お申し込み下さい。
お電話、FAXでのご予約も受け付けています。
TEL 045-663-2812 FAX 045-663-2813

演出/構成:松岡大、齋藤正和、鈴木悦久

出演:松岡大

映像:齋藤正和
1976年生まれ。映像作家。名古屋学芸大学映像メディア学科助教。プログラムによる自動編集などデジタル技術によって映像を扱う可能性を模索しながら映像作品を制作。実験映像、ドキュメンタリー、インスタレーションと様々な手法を用いながら活動を行う。“第16回アートフィルム・フェスティバル(2011)”、“Fluxus 2010(2010)”など国内外の映画祭、展覧会にて発表。主な作品に動きの軌跡を視覚化する「動の影」シリーズ、プログラム編集による連作「SUNSESSION」など。

音楽:鈴木悦久
1975年生まれ。打楽器奏者、作曲家。昭和音楽大学にて打楽器を、岐阜県立情報科学芸術大学院大学(IAMAS)にてメディアアートを学ぶ。セッショングループ「Mimiz」にてアルスエレクトロニカデジタルミュージック部門ホノラリーメンション受賞。また、自動演奏ピアノとの対戦型ピアノセッション作品にて、第3回サウンドパフォーマンス道場優秀賞を受賞。近年では映画音楽にも携わり、仙頭武則監督作品「久茂地屋ゾンビ(フルバージョン)」の音楽を担当するなど、活動の幅を広げている。

会場:BankART Studio NYK Kawamata Hall
〒231-0002 横浜市中区海岸通3-9
TEL 045-663-2812
http://www.bankart1929.com/

主催:BankART 1929
プロジェクトマネージャー:増沢隆樹(LAND)
舞台監督:原口佳子(モリブデン)
照明:森規幸(balance,inc.DESIGN)
企画/制作:LAND、城戸久瑠実(Gallery Side2)
協力:名古屋学芸大学
宣伝写真:梅川良満
フライヤーデザイン:藤原あき

kaiten-photo-select16
kaiten-photo-select8
kaiten-photo-select10
kaiten-photo-select15
kaiten-photo-select9
©Yuichiro Tamura(QuantumGallery&Studio)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing